Google Translation

CMでリックロール?Virgin Mobile CM (2015年)

2017年5月16日

2015年3月にアメリカで放映された、Virgin MobileのCM ‘Do It For The Data’
リックがまるでリックロールするかのようなCMが2年前にアメリカで放送されていたとは全く知りませんでした。

このCMはVirgin Mobileの通信サービス「家族で通信量をシェアするプラン」のもので、3種類のバリエーションがあります。3つのCMにも共通するのが「人は通信量確保のためなら、何でもするということ」
1つ目のCMでは子供たちがいかに父を喜ばせて通信量を確保するか競い合う場面が描かれていて、CMの最後には父を喜ばせるためのケーキが用意され、中からリックが登場。リックロールするという内容になっています。通信量が欲しいためにリックを登場させる子供達って・・?(^_^;)

2つ目のCMではNever Gonna Give You Upの歌詞にちなんだ父親とリックの会話が展開されます。

So Rick, what you’re telling me is if I ask you to, you’d give her up.
(リック、彼女を諦めるように言ったらそうするって言ってるんだね)
Yeah in a heartbeat. (そうだね、いますぐにでも)
Let her down.(彼女を裏切るようにと言ったら)
I wouldn’t think twice about it.(すぐにそうするね)
Run around(遊びまわってと言ったら?)
Yeah, I suppose so,yeah.(そうするね)
And desert her(彼女を見捨てるようにと言ったら)
Yeah, absoltely yeah.(うん、絶対そうするね)
For data.(データ通信のためだったら)
She is dead to me. (彼女とはもう関わりたくもないですよ)
Phew. Gig(ふぅ、ギガ![gig:ギガバイトのこと。Cheersカンパイの代わりにgigと言っている])
最後に以下のフレーズでCMが終わります。
PEOPLE WILL DO ANYTHING FOR DATA(人はみなデータ通信のためなら何でもする)
リックの格好がNever Gonna Give You UpのPVの黒タートルネックにベージュのコートというのが笑えます。イギリス人のリックがティーカップ、アメリカ人の父親がコーヒーマグなのも演出ですね。

3つ目のCMでは
息子が通信量のためにガレージセールでミニバイクを父にプレゼント、さらに歯の矯正(braces)も諦めるという展開。
やりとりは下記の通り。こんなにアメリカ人はモバイルで通信したくて仕方ないんでしょうか・・・?

Is this me or what? (これ[バイク]は私に?それとも?)
Totally. I don’t need braces. (その通りだよ。僕は歯の矯正も要らないから)
Gig.(ギガ!)

リックロールからしばし経ちますがまだまだNever Gonna Give You Upもリックロールも現役ですね。