Google Translation

リック・アストリー母と共演 at Legends of the 80’s concert Haydock Park

2017年5月14日

Mum helps Rick Astley wow the crowds Haydock Park(リックの母がヘイドックパークの観客を盛り上げるのに一役買った)

リックとお母さんとリックの共演!?・・・みたいなことが書いていある記事を見つけて読んでみたら、リックのお母さんはパブで演奏する弾き語りのピアニストだったんですね。
2011年4月リックの故郷ニュートン・ル・ウィローズにあるヘイドックパーク競馬場で行われた「Legends of the 80’s concert (80年代のレジェンドコンサート)」での一コマ。When I fall in Loveをリックが歌い、お母さんがピアノを弾き、初の親子共演が実現したのでした。コンサートの前の木曜日(何日前かわからず???)に突然リックがお母さんにピアノを弾くように依頼したそうで、もちろんお母さんは冗談かと思ったとのこと。

ちなみになんですがこの記事でイギリス英語ではマムのことを”mon”じゃなくて”mum”と書くんだと初めて知りました。

リックママさすが元ピアニストだけあってむっちゃ上手い。立ち振る舞いもカッコイイです。

実はリックのお母さんがピアニストだったのはつい先日知りました。なぜリックが子供の頃から音楽に親しみ、ずっと歌い続けてきたのか、その理由の一つに母親の存在があるのかなーと思いました。Keep singingに父の話は出てきても、母親の事はなにも触れられてはいません。でも実は歌詞のどこかに母への思いも綴られているではと思いました。

実際の映像はYoutubeにありますので、ぜひごらんください。