Google Translation

続続リックにはまる

2017年5月14日

相変わらずはまっています。

昔と今で顔が違う件ですが、多分太った+加齢による目のくぼみがMain Reasonとは思うのですが、もう一個気づいた気がしています。
彼は昔からカメラが引いたときの顔と近いときの顔が違いますね。まあどうでもいいんですが、はははは。

相変わらずいろんな映像をYoutubeで見ているんですが、結構びっくりなのがTVでインタービュー受けてたり生歌うたったりしているのがほんとに多い。
女性向けの番組とかRickほどのスターが出るの?っていう番組まで出ててびっくりしました。どうも本人の認識はそんなにビックスターとは思ってないようで、いわゆる普通と思っているみたいです。何事も鼻につかず、親しみがあってとっても素敵です。80年代の活躍しか思い出せないからギャップがありすぎて困る(笑)

そして、いろんな映像を見ていてなによりうれしいのは、近年の彼はいつもリラックスした雰囲気で楽しそう。若いときのインタビューはムッスリしているし、歌もほぼ口パクなのに、今はジョークを飛ばしながらまあ良くしゃべる。(若いころの映像も良くしゃべってたけど)複数の番組で「なぜ復帰したの?」とか同じこと何回も聞かれているのに、いやな顔一つせずしゃべってくれる。歌も生でちゃんと歌ってくれる。しかもNever gonna give you upとかそりゃもう何回も歌っているのにいやがらない。むしろ喜んでうたっている。しかも当時笑われていたあの振りを再現してくれたり、毎回出血大サービスで楽しませてくれます。

聞く方の気持ちになってみたら、まあうれしいですよね。Rickの声は美しいままでパワフル。30年前の思い出が走馬灯のように思い出されるのも無理はないはず。しかも若い頃にはなかったノリで観客を楽しませてくれて、過去の何倍の盛りで歌ってくれてるんですから、ファンからしたら涙ものですよ。

私ぜんぜんファンじゃなかったら、You want to dance with me? 以降の曲なんか、ほとんど初めてききました。アイドル路線をやめた後の曲なんかむっちゃいいじゃないですか!!でも評価されなかったのはしょうがないですね。大人の歌を歌っちゃうと喜ばせる事ができる数が減るんですよ。万人を喜ばすにはポップで分かりやすいものを歌わないといけないんだからしょうがない。

50代になって音楽性、人間性、精神性とすべてが一致した状態でリラックスした雰囲気でやりたいことが自分の思ったようにできて、本当に幸せな人だなあと素人目線で感心しています。

日本公演の予定はないみたいですが、きっと近いうちに来てくれることでしょう。50も日本のレーベルから出たらいいのに。